革命家

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイくじけぬ心が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「革命家」の項目を執筆しています。

革命家(かくめいか)とは最もスケールが大きい種目のエクストリーム・革命プレイヤー達で、高得点を叩き出した者はエクストリームファン以外からもその名を覚えられる。

目次

[編集] 概要

革命家は頭の良さも問われるが、それ以上に重要なのは常識をブチ壊す破壊的な思想をどれだけそれらしくでっちあげられるか、また凡才共を焚きつける悪魔の囁きがどれだけ心地良く聞かせられるかである。要するに1%の才能と99%の中二病要素があれば、なんかの間違いで革命家になれる可能性がある。例え軍事面では無能でも、建前さえ良ければOK。

ただし、やたらと革命革命と言っていても冷静な第三者から見れば(笑)なので革命を起こすときは覚悟が必要だ。

失敗したら潔く天国地獄、好きな方へGO!

[編集] 何で革命家は現れるのか?

革命家が現れるは一部の人間だけが支配する非常に窮屈な国が多い。例えば言論の自由が無かったり独裁者が異常な搾取を行っていたりすると、不満の声が高まり「こんな国は破壊しないと再生できないな」というヒーロー気質だか中二病患者だかが革命を企てるというのが流れ。最近で言うと中東の春がこれに該当し、リビアのカダフィ大佐があの世に国外追放処分となった。そりゃあ車の中で傘をさすおマヌケ野郎がトップじゃ、革命の一つや二つ起こしたくなるわ。他にもイランではムバラク大統領が民衆の力に追い詰められ、余波で日本にゴリ押ししに来た韓国歌手グループ・ムバラクが気まずい雰囲気となった。

中東は宗教の決まりや支配体制などが確立されているように見えるが、やはり支配体制はそうでもない。支配はアメとムチが大事なのに、全然アメの部分が無い。それどころか本当に鞭打ち刑まであるし…そこら辺が革命家にしてみれば一種の隙で、一見強固な鋼鉄要塞に見えるのはそれまで誰も歯向かわなかったから。しかし民衆をそそのかして一致団結させてしまえば、その支配は砂糖菓子が如く砕け散る。今まで意見を封じ込められてきた人達は爆発力(別にテロ的な意味に限らず)が凄まじく、一度始まったらやめられない止まらない。かっぱえびせんや麻薬でもないのに。

この事を踏まえて全ての独裁者はできるだけ国民に不満を持たせない方がいい。今はネットがあるので、いくら検閲を行っても不満は少しずつ漏れていく。しかし自分は大丈夫だと信じたりそう願っている独裁者は、もう後に引き返せないからとそのまま独裁を続けようとする。そんな臆病で鈍感な独裁者にこそ革命という鉄槌が待っているんですけどね。ちなみに日本でも「TPPに加盟しなくていいから自分達でトップを選べる大統領制採用国に加盟しようよ」という意見もチラホラ出ているような気もしなくもないのでウカウカしていられないぞ、国会議員

[編集] 革命家とTwitter

実は最近流行のTwitterこそがアラブの春を呼んだと言っても過言ではない。周りの惨状が自分を含め少数しか不満に思っていないと思ったら、いざTwitterを調べてみると不満怨念が出るわ出るわ。それを目の当りにして多くの人が「俺達がやらなきゃ誰がやる」と革命家に覚醒するケースが多発した。殺人鬼 皆でボコれば 怖くない。独裁者が権力と恐怖で国民を支配できるのは所詮行動だけ。心も支配したいのなら、有能さと優しさを見せ付ける必要がある。そっちの方が国も発展してTwitterで陰口を叩かれる事も無く、完全無欠の支配を築くことができるぞ。ああ、それが出来ないから革命なんて起こされちゃうだよね。ごめんごめん。

[編集] 有名な革命家

この項目「革命家」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス