バカチョンカメラ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

バカチョンカメラとは、絶滅に瀕するカメラの一種属である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「バカチョンカメラ」の項目を執筆しています。
「あ、バカチョンって言ったらダメなんでしたっけ? じゃあ、その‥バカでも韓国人でも撮れるカメラでですね‥」
バカチョンカメラ について、蛭子能収

目次

[編集] 概要

バカチョンカメラは、露出や焦点まで何もかも全て機械にお任せしなければならない小型のフィルムカメラである。正式名称は、「何も考えずにバカみたいにボタンをチョンと押せば撮影されるカメラ」であり、バカチョンカメラはその略称である。しかし、メーカーが意図しない意味で解釈する人が大部分であり、改称を求める声がある。

主に日本人観光客により使用され、のちに世界中に広まり、メガネ、出っ歯であちこちをきょろきょろする観光客がぶらさげるカメラとして、日本の象徴ともされた。昭和時代の一般的な日本人観光客が使うカメラとしてのイメージを培ってきた歴史もある。ただし、時代が下るにつれ世界各国で同じような人たちが増え、アニメヲタクと並ぶ「日本にとって最も恥ずべき輸出品目」の一つとなっている。

1970年代に実用化された初期のバカチョンカメラは、固定焦点の広角レンズと初歩的な自動露出機構を採用したが、暗いレンズを使用するため手ブレの問題が残った。これが改善されたのは自動焦点カメラが一般化した1980年代であり、シャッター速度を上げられるようになったことから、フラッシュが届く範囲であれば誰にでも撮影できるようになった。

こうした改善により、それまで「難しい」と考えられてきた写真撮影が「誰にでもできる」と思いこむことが可能となり、日本の写真産業は飛躍的に成長したのである。白いものも黒いものもみな灰色に写してしまう自動露出機構も日本人の感性によく合致していた。その後、コンパクトデジタルカメラが普及する1990年代後半まで家庭用カメラの主流であり続け、多くのお父さんたちにカメラマン気分を味わっていただくことに成功した。

しかし時代の流れは変えられず、近年、わずかな手間を厭う人たちの要望により、より失敗しにくく現像の手間もないデジタルカメラや、性能を捨てて手軽さを求めた携帯カメラに駆逐されつつあり、現在では趣味性の強いものとなっている。

[編集] 名前変更の動き

チョンという言葉には、ちょっとの間(プレイ時間が短い性風俗店を含む)、打ち首になった死体、独身男性(チョンガー)、短区間(赤チョン=赤羽線電車)などという意味があった。さらに日韓併合後に多量のコリアンが移民となって日本国内に居住すると、さっそく差別用語として使用された。

バカにも、知的水準が低いと中曽根首相が認める人種、逆立ちしているカバ、権力者や上司にさからわずおもねる者などという意味があった。

このため、在日コリアンに留まらず、該当する各層から様々な批判があり、改称を求める声がある。

日本カメラ製造者組合では「バカチョンカメラ」という差別的な表現を廃止し、
「長いものにまかれやすい方や、独身男性の皆様にも安心してご使用いただけるカメラ」
と表現を改めることを決定しました。
これまでバカチョンの表現により、多くの知的障害をお持ちの方々や、
朝鮮民族の皆様方に多大なる苦痛を与えたことを、謹んでおわび申し上げます。
(カメラ製造者組合公式サイトより)

このように、カメラ製造者からも改称を求める意見表明があるが、長大で使いにくいため定着していない。

某カメラメーカーは、呼称問題に対応して、一般的な日本人の親子として「バカボン」・「バカボンのパパ」をインスパイアし、バカボンカメラと呼ぶことを提案している。

また、京阪神地区からは、「アホ」は許せるが「バカ」は許されない、という意見が寄せられている。上記バカボンカメラのバカをアホに変えると語呂が悪いが、アホのアだけ取って、途中を伸ばすと「アボーンカメラ」と比較的語呂が良くなり、商標権や版権の問題もないとして、これを広める動きもある。しかし、原状は、とある大規模匿名掲示板でのみ広まっているに留まる。

在日コリアンは「チョン」という用語に「バカ」がつくのが最大の問題だと主張している。韓国本土では「ペクチョンカメラ」と呼ぶ者がおり、「バカボンカメラ」の名称も受けがよい。簡便な構造であり、朝鮮民族の知的水準にかかわらず、どんな情弱でも使えるカメラとして好評である。朝鮮語では、それぞれ「えたひにんカメラ」「ファッキンジャップカメラ」という意味になる。顔の露出変更やラバースタンプなど、日中韓でしばしばみられる歴史のねつ造に悪用することもできないため、被写体そのものの顔を改竄する必要があり、撮影された画像はデジタルカメラより信頼性も高い。

この動きに対し、韓国の前身ともいえる新羅に国を追われた亡命百済人の末裔が「バカチョン"ギ"カメラ」への改称を提唱している。これは「このクソ朝鮮人どもめ!カメラ(注)」と少々過激な意味合いとなるが、現在の所この名称の普及および支持獲得には至っていない。

注:日本語では習慣的に「新羅」を「シラギ」と読むが、朝鮮半島の古語などでは「シラ」と発音する。古代百済人は日本への亡命に際しこれに「このクソ○○どもめ!」という意味を持つ「ギ」を付加した「シラギ」という読み方を日本国内に広めたという説がある。

[編集] 性能

カメラ製造者組合では「長いものにまかれやすい方や、独身男性の皆様でもご使用いただけるカメラ」が本当に様々な方々のご使用に耐えうるかテストするために、以下の条件で撮影テストを行いました。テストにより以下のような結果が得られました。(協力:バカ田大学

  • 幼稚園児50人のうち46人が撮影成功
  • 認知症患者75人のうち72人が撮影成功
  • 元ボクシングチャンピオン5人のうち3人が撮影成功
  • 平壌市民20人のうち18人が撮影成功
  • 黄金町高架下の元飲食店従業員43人のうち36人が撮影成功
  • 飛田新地の飲食店従業員38人のうち24人が撮影成功
  • 25歳~45歳の独身男性54人のうち52人が撮影成功
  • 178歳から1927歳までの地縛霊258名のうち258名全員を撮影成功

[編集] 関連項目

アンサイクロペディアからのお詫び
この記事において、一部不適切な表現がありましたことを心からお詫び申し上げます。ウソだけど。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス