スーパーフリー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
第62回 (2003年
エクストリーム・謝罪準優勝プレイヤー
「GKがすばらしいセーブをしても、MFの中田、稲本がミドルシュートを放ち全体の士気を鼓舞しても、FWはシュートを打とうとしない。実に不思議なチームである。」
ドイツW杯日本代表 について、イタリア・デ・ポルテ紙
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「スーパーフリー」の項目を執筆しています。

スーパーフリーとは、日本人の多くが加入している秘密結社である。彼らは、いわゆる「どフリー」(スーパーフリー)の決定的チャンスでシュートを外すことによって、来世での幸福が保証されるという思想を信奉している。略称はスーフリ

[編集] メンバー

城彰二

スーパーフリーの創設者。反スーフリにより水かけ攻撃を受けたことがある。スペイン名はホー。

柳沢敦

スーフリの中でも高位にあると言われるメンバー。クロアチア戦で伝説の奥義、QBKを決めたことにより、来世は保証されたと信じ込んでいる。通称はへなぎ、ヤナガシワ、QBK。

鈴木隆行

柳沢と同い年、同じチームで長くプレーしたFW。この2人の2トップはスーフリ史上最強ともいわれている。公式戦46試合、出場分数にして1790分間ノーゴールの世界記録を作った。彼と柳沢は他のメンバーとは比べ物にならないほどスーフリ活動を積極的に行っている。尊称は師匠。

玉田圭司

2006年にシーズン1ゴール(しかもそれはPK)しか決めていなかったにもかかわらずワールドカップに召集された模範的なスーフリメンバーだったが、ブラジル戦でゴールを決めてしまったため「背教者」のそしりを受けた。その後、再びスーフリ思想の実現に向け活躍中。通称はダメ田。

大久保嘉人

代表歴19試合ノーゴールという輝かしい記録を残していたが、20試合目にしてゴールを決めてしまったためスーフリ信者からは苦情が殺到した。真名はキャバクラセブン・レッド

巻誠一郎

「FWは点を取るだけが仕事じゃない。ポストプレーとか色々ある」と発言し、スーフリメンバーであることを公式にカミングアウトした。さらに「利き足」などと発言し、も使えないことまで自白している。通称はムァキ、巻○ソ。

森島康仁

彼も「FWは点を取る以外にも仕事がたくさんある。守備だってしないと現代サッカーでは監督に使ってもらえない。」と発言。スーフリメンバーであることを積極的にアピールした。愛称はデカモリシ。

高原直泰

ドイツでは所属チームの監督から「高原の新しいニックネームはチャンスブレイカーだ」と絶賛された。ファンからはスシボンバーのニックネームで親しまれており「スシボンバーは日本に帰れ。ヘタクソ」などとたびたび暖かい声援をうけた。W杯ではステルスFWとして活躍する等スーフリ思想の普及活動に努めていたがその後行方不明となり脱退が噂されている。タコハラ、バカハラ、寿司ボンバー、ルドン高原、バーレーン代表DFタカ・タークハル等の異名がある。

カレン・ロバート

市立船橋高校時代は一流のゴールハンターだったが、プロ入り後、スーフリに入信。チームでの活動時はスーフリ活動を行わないものの、代表時には活動を積極的に行う。

平山相太

カレンと同様、高校時代やオランダ留学中は一流のゴールハンターであった。しかしカレンとは逆にチーム時にスーフリ活動を積極的に行い、代表時にはなりを潜めている。隠れ名は怪物くん。

本山雅志

ポジションはMFだがFWもこなす。代表歴28試合にしてノーゴールという好成績を収めている。別名は鹿島枠。

清水範久

実はノーゴール記録の世界記録は鈴木隆行ではなくこちら。2002年シーズンではレギュラーFWとして多くの試合に出場して2197分連続ノーゴールの世界記録を打ち立てるが、鈴木隆行と比べると地味なメンバーであることは否めず、ほとんど話題に挙がることはない。毎年決められるゴール数に制限があるらしく、たまにゴールを決めると「今年の残弾はあと1点」などとサポーターから真剣に心配される。2010年シーズンに何を間違ったか2試合連続ゴールを決めてしまい、「スーフリメンバーにあるまじき事態」とマリノスを解雇され、アビスパに拾われることになった。愛称はジロー。「難しいゴールを難しく決めるFW」と称される。

三浦知良

言わずと知れたキングカズ。以前は模範的な反スーフリだったが、1998年岡田の乱により魂をフランスに置いてきたことをきっかけにスーフリに傾倒していく。2009シーズン得点1、オウンゴール1という快挙を成し遂げる。ちなみに得点はPKによるもの。

パトリック・クライファート

スーパーフリーヨーロッパ支部長。DFとGKを華麗に抜き去りつつ遊び心の利いた美しいヒールキックでゴールの枠を外す芸術的プレーを持ち味とする。若き日にキャプテン翼に強力なライバルとして出演した全スーパーフリー構成員憧れの的である。

フェルナンド・トーレス

期待の新人。リバプールの低迷に比例して得点力が低下し、チェルシーに移籍してその才能が開花。 半年で1得点という「わははははははは」な成績を見せつけ、Wikipediaの愛称欄にすら「師匠」と書かれるほどの飛躍をみせた。最近では、マンチェスター・ユナイテッド戦において、キーパーを抜いて無人のゴールへシュートを放ち、華麗に外した。「わははははははは」スーフリで最もイケメンな男であると同時に最も口が悪い。

新田瞬

キャプテン翼の登場人物。シュートをことごとくポストに当てることから、スーフリの信者ではないかと言われている。シュート時に長すぎるシュート名(ノートラップランニングボレー隼シュート)を叫ぶことが決定率の低さの一因という説もある。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

[編集] スーパーフリーに関する悪評

日本人男性の平均と比べると、一部を除いて非常に顔面偏差値の高いイケメンぞろいであり、そのせいか「スーパーフリーはレイプ集団である」などという悪評も流れているが、それは彼らと対立関係にある秘密結社、キャバクラ組によるデマゴーグである。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス