コトノハサマ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

コトノハサマとは現代に巣食う祟りである。あくまでSchool Daysのヒロイン・桂言葉ヤンデレとして覚醒した状態は言葉様であり、関連がある可能性があるとは言え、別の存在であることに注意しなくてはならない。

目次

[編集] 概要

コトノハサマが初めて確認されたのは2006年4月1日である。を得物にして、邪魔するものすべてを一振りで惨殺したという。[1]翌年の同じく4月1日にはチェーンソーで動画の違法なアップロードを行う者すべてを血の海に沈めたことは記憶に新しいところである。[2]

以降コトノハサマは崇徳天皇オヤシロさまと同じく祟り神と恐れられるようになる。

得物は鋸とチェーンソー。鉈を振り回しているものは偽物である。

[編集] コトノハサマと桂言葉

コトノハサマは桂言葉より生まれ出でたという伝説がある。

桂言葉の生霊説
歩道橋西園寺世界を惨殺した時の慟哭ともいうべき哄笑から、強烈な言葉の思念が残存し後に生霊になってしまったという。[3]
桂言葉の転生説
西園寺世界と伊藤誠の目の前で高所から飛び降り地面に激突した瞬間、誠への強烈な依存と未練からコトノハサマとして転生したという。[4]

[編集] 禁忌

コトノハサマに関してはタブーとされる事柄がいくつかある.

コトノハサマの名前を濫りに唱えてはならない。
いきなり上空から現われ魔眼の餌食となる。
コトノハサマに魅入られてはいけない。
コトノハサマが魅入られた者は一生頭上に取り憑かれてしまう。
コトノハサマに魅入られた者を妨げてはいけない。
コトノハサマは取り憑いた者への異常な執着から、邪魔する者を得物の鋸で惨たらしく殺してしまう。
即ちコトノハサマに魅入られるということは一生守ってもらう代わりに絶対の孤独に身を置いてしまうことに他ならないのである。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス